メニュー
JA岡山東 メニュー
 

人と大地と地域を結ぶ、JAコミュニケーション。




JA岡山東について

JA岡山東について

JA岡山東の概要についてご案内しています。


事業案内

生活指導

 個性化・多様化した組合員・地域住民のニーズに迅速・的確に対応した生活事業の総合的展開を行うことにより、豊かで潤いのある生活を実現するとともに、JAが地域のくらしの拠点としての機能を発揮できる生活指導事業に取り組みます。 

営農指導

 営農指導をJA活動の基軸として位置付け、担い手の育成確保をはじめ、広域推進作物並びに地域特性を活かした特産作物の生産振興、生産履歴記帳の徹底による安全・安心な農産物の生産、環境にやさしい農業の推進等、多様な取り組みを進めます。そのため、生産組織を通じた集団指導を基本とした営農指導体制を整備し産地の育成をはかります。
 また、営農指導員の育成・資質の向上をはかり、高度・専門化と生産・販売・購買の一貫した営農指導機能を強化します。
  • 相談活動
  • 農家経済の向上をはかる活動
  • 健康を守り増進する活動
  • 高齢者の生活充実・援助活動
  • 心の豊かさとふれあい活動
  • 営農指導体制
  • 担い手の育成確保
  • 生産者組織
  • 地域農業振興
  • 安心・安全な農畜産物の生産

信用事業

 貯金・貸出(融資)・決済(為替)をベースに、組合員・地域利用者との信頼の絆を維持・発展させていくことを基本とし、金融システムの一員として、相談業務を含め総合金融サービスが提供できる地域密着型JAバンクの実現に向け取り組みます。
  • 渉外体制の確立
  • 融資・審査・保全管理体制の確立
  • 貯金・振替等の総合決済機能の充実
  • リスク管理の徹底した運営

共済事業

 最良の保障・価格・サービスによる「ひと、いえ、くるまの総合保障」の提供を通じて組合員・利用者の豊かな生活づくりや、健康で安心して暮らすことのできる地域社会づくりに貢献できる事業の展開をはかります。
  • ニーズに即応した保障の提供
  • 事故処理体制と相談機能の強化
  • 丁寧・誠実な対応への取り組み

生活事業

 組合員・地域住民との信頼感に基づき、多様化する組合員のニーズに応えられる生活資材を提供します。また、生活指導部署並びに女性部と連携し、生活文化事業や暮らしに密着した生活用品の組織購買を展開します。
 葬祭については、組合員・地域住民の要望に応えられるよう葬具の提供や葬祭センターを中心としたホール葬会員制度の普及拡大、関連商品の提案等に取り組みます。
 仕出しは葬祭関連事業と連携するとともに、祝儀、季節行事等に扱う料理の提供等、仕出しセンターのサービスの向上に努めます。

  • 葬祭センター
  • 仕出センター

販売事業

 販売企画専任部署を設置し、営農指導事業と一体となり、地域ブランド作りに取り組める体制を確立します。また、マーケティング力の強化による有利販売を目指します。
  • 生産出荷体制の整備・強化
  • 産地の拡大とマーケティング力の強化

購買事業

 生産・生活資材取扱体制の高度化をはかるため、効率的な物流体制を構築し、組合員の期待に応えられるトータルコストの低減と競争力の強化をはかります。
  • 生産資材店舗
  • 車輌農機センター
  • 燃料センター

加工事業

 組合員のふれあいの場として、安全・安心な自給農産物の加工品製造に取り組みます。また、地域で生産される農産物を加工し、付加価値をつけて有利販売を行うとともに、特産品の育成をはかります。
  • 地産地消運動への取り組み

利用事業

 広域的な農作業受委託の斡旋、受託組織の育成等の取り組みを充実します。ライスセンターについては、施設の改修、機械の更新等を計画的に行い、利用率の向上をはかるとともに品質の向上・均質化をはかり、販売力の強化を目指します。集出荷施設、その他施設については、集荷の一元化による合理化・効率化や市場対応力強化をはかるとともに、生産者組織の育成・強化を通じて産地の拡大と年間を通じた利用率の向上をはかります。遊休施設については、多目的利用も含めた検討を行います。資産管理については、組合員の土地の有効活用方策やまちづくり等に対応できる専門部署を設置します。