メニュー
JA岡山東 メニュー
 

人と大地と地域を結ぶ、JAコミュニケーション。




営農情報

営農情報

JA岡山東の営農情報をご紹介しています。


営農カワラ版

2016.05.01更新

平成28年春の農作業安全運動強化期間 4月15日~6月30日


全国では毎年400名前後の方が、岡山県内ではそのうちの約10名の方が、農作業事故により亡くなられています。
この数字は、過去10年間であまり変動はありません。
農作業死亡事故のうち最も多いのは、乗用型トラクターによるもので、転落・転倒などの事故が後を絶ちません。
あせりは禁物です。心にゆとりを持ち、疲れたら早めの休憩を心掛けましょう。
不慮の事故は、あなたの大切な家族の生活を一変させます。安全第一を心掛けて農作業に取り組んでください。
あなたの帰りを待つ家族の笑顔のため、あなた自身の農作業安全への心掛けが必要です。
乗用型トラクターの安全対策のポイント

1.安全キャブ・フレームのあるトラクターを使用し、シートベルト着用を徹底しましょう!

安全キャブ・フレームのあるトラクターでもシートベルトを着用しなければ、安全域の中に身体が固定されないため、転倒した際に身体を守ることはできません。

2.作業環境を確認し、危険性に配慮しましょう!

転倒が発生している場所としては、圃場から出入りする際の傾斜や圃場の端から法面に転落するケースが数多く報告されています。以下の点に注意し、事故を起こさない環境作りを心がけることが重要です。

3.農作業事故の重大化を防ぐために!

事故対策に完全はありません。事故を起こしたとしても、すぐに救助が行われれば、助かる命もあります。次のことを日頃から心掛けましょう。
家の近くであっても、携帯電話を携帯しましょう。
その日の作業計画(内容・場所)を家族に伝えておきましょう。
道案内ができるように圃場までの経路上の目印を確認して
おきましょう。
岡山県農業機械作業安全運動推進協議会