メニュー
JA岡山東 メニュー
 

人と大地と地域を結ぶ、JAコミュニケーション。




営農情報

営農情報

JA岡山東の営農情報をご紹介しています。


ピオーネ・オーロラブラック

2016.04.01更新

無加温栽培/簡易被覆栽培


1.無加温栽培

(1)温湿度管理

 無加温栽培では、ハウスの開閉とかん水だけでいかに好適な環境を作っていくかがポイントです。とくに、4月は1日の中の温度差が激しく、天候も周期的に変わるため、ハウス管理の難しい時期になります。表1を参考に、できるだけこまめな管理をしてください。
 晴天時、日中は高温に注意しますが、外気温はまだ寒い日もあるので、25~28℃を保てるようにこまめに開閉を行いましょう。曇天日は過湿にならないよう、わずかでも換気して水滴をとばしてやることが必要です。夜温はどうしても不足しがちなため、夕方高温になりすぎない範囲で早めにハウスを閉め、できるだけ温度を保つようにします。

(2)土壌管理

 開花までの必要水量はあまり多くありませんが、乾燥しすぎるのもよくありません。土壌の乾燥状態や天気予報をよく確認して、晴天日の午前中にかん水してください。

(3)新梢、花穂管理

 無加温栽培では芽なえしやすいため、温湿度の急激な変化(とくに昼間の高温)に注意が必要です。かん水を実施し、土壌および室内の乾燥を防ぐ対策をとってください。
 誘引は伸長した新梢から順次行い生育を揃えます。
 摘芯は不揃いな樹で揃いを良くするため開花7日前頃に強い新梢の未展葉部分を摘み取り、結実を良くするために開花始め~満開の時期に房先7~8枚程度で摘芯します。
 花穂は良否が分かりしだい、1新梢1花穂とし、弱い新梢は早めに空枝としましょう。

表1 無加温ハウスの温度管理の目安(県栽培指針より)

2.簡易被覆栽培

(1)新梢、花穂管理

 貯蔵養分を有効利用し、新梢の生育を促すとともに、生育を揃えるため2~3回に分けて芽かきを行います(表2)。

○オーロラブラックの ストレプトマイシン処理

 ピオーネに比べ、有核量が混入しやすいので、満開14日前~開花始めに、マイシン200PPM(成分が20%の場合は1000倍に希釈する)を花房浸漬または散布します。散布する場合には、掛けムラができないよう、丁寧に散布してください。
 その他の管理は無加温の項を参照してください。

表2 芽かき時期と方法

図 発芽~展葉期の樹勢診断(果樹誌)

(瀬戸支店 阿部 昭正)