メニュー
JA岡山東 メニュー
 

人と大地と地域を結ぶ、JAコミュニケーション。




営農情報

営農情報

JA岡山東の営農情報をご紹介しています。


ピオーネ・オーロラブラック

2016.09.01更新

加温栽培/簡易被覆栽培/台風対策


 収穫後の管理は、来年の作柄を大きく左右する重要な作業です。とくに、ここ数年は秋季の異常気象(高温や乾燥等)の影響が大きく、春先の初期生育に異常が見受けられました。
 礼肥は遅れないように施用し、樹勢の回復を図るために、早めの管理を行いましょう。

1.加温栽培

(1)早期落葉防止

 収穫後は二次伸長が盛んになります。必要な葉面積が確保できしだい、摘心・ねん枝・棚下への引き下げなどで枝の伸長を抑え、枝の充実を図ります。また、葉の同化能力向上を図るために、窒素成分を含む葉面散布剤を使用しましょう。

(2)基 肥

 有機質肥料の施用は、今月から遅くとも10月上旬までに施用しましょう。施肥量については、果樹施肥設計(例)を参考にしてください。

(3)土づくり

 果樹栽培の基本は土づくり・根づくりです。気象変動の影響を受けない樹づくりのために、深耕したり土壌改良資材を利用したりしましょう。

(4)かん水

 元葉は乾燥すると急激に傷みますが、葉を老化させず、収穫後に同化作用が十分に行われ、樹体内の貯蔵養分が多くなれば、花芽の発育は促進され、大きな子房がつくられます。
 同化作用を促進するためには水と肥料の補給が必要ですので、乾燥が続くようなら、かん水をしっかり行いましょう。

2.簡易被覆栽培

(1)礼肥

 葉色を維持し貯蔵養分を蓄積しましょう。収穫が1/3~半分程度終了した時点で施用します。
 施肥量は窒素成分で2kg程度を目安に、速効性肥料を施用します。千代田550なら20kg/10a、ピオーネ専用なら60kg/10aくらいとします。

3.台風対策

 9月は台風の多い月です。事前に防風対策として棚などの点検を行い、また、排水対策も行って、台風に備えましょう。
 葉の傷みなどがあった場合は、病害により早期落葉につながることが多いので、殺菌剤に葉面散布剤を混用して散布しましょう。
(瀬戸支店 阿部 昭正)