メニュー
JA岡山東 メニュー
 

人と大地と地域を結ぶ、JAコミュニケーション。




営農情報

営農情報

JA岡山東の営農情報をご紹介しています。


ピオーネ・オーロラブラック

2017.03.01更新

無加温栽培/簡易被覆栽培


◎お詫びと訂正

 広報誌2月号の本項の記事に誤りがありましたので、お詫びいたします。
 訂正箇所は次のとおりです。

 3.簡易被覆栽培の(3)芽傷処理の文中において、傷を付ける位置を2~3cmと記載しておりましたが、正しくは2~3mmです。
 ご注意ください。

1.無加温栽培

 2月上中旬に二重被覆した作型では、3月下旬には発芽期を迎えます。
 ハウス内は、被覆~発芽まで多湿に保ち、昼温は30℃以下で管理します(表1)。
 発芽後の霜対策は気象情報を注視して、適切な管理を心がけましょう(表2)。

表1 無加温栽培の温度の目安(岡山県果樹栽培指針)

表2 無加温ハウス栽培の晩霜害対策

2.簡易被覆栽培

(1)冬季管理の見直し
 樹液の流動が始まる前に次の事柄を確認しておきましょう。
  • せん定は終わりましたか?
  • 主枝延長枝の切り返しは長すぎませんか?
  • 芽傷処理は終わりましたか?
(2)かん水
 この時期に水が不足すると、根からの養水分吸収がスムーズに行われず、発芽が不揃いになり、初期生育不良につながります。また、肥料が遅効きになり、枝が遅伸びして、結実不良・果実品質低下(着色不良)などの要因になる恐れがあります。土壌の状態を見て、乾燥しているようであれば、かん水しましょう。
(3)春草の除草
 春先は旺盛に生長し、地面を覆って日光を遮るため、地温の上昇を妨げます。また、養水分吸収も競合するため、ぶどうの初期生育が悪くなりがちです。
 雑草が目につき始めたら、早めに削り取るか、除草剤を散布して処理しましょう。
(4)粗皮はぎ
 発芽までに越冬病害虫の密度を減らしておくことが重要です。コナカイガラムシ類、ダニ類、チャノコカクモンハマキなどは、粗皮の下で越冬していますので、粗皮を取り除いた後で石灰硫黄合剤を散布すれば防除効果が高くなります。
(5)トンネル栽培
 3月下旬~4月中旬の風のない日に実施しますが、早く被覆しすぎると生育が進みすぎて晩霜害を助長します。また、トンネルの下は思った以上に乾燥しますので注意しましょう。
(瀬戸支店 阿部 昭正)