メニュー
JA岡山東 メニュー
 

人と大地と地域を結ぶ、JAコミュニケーション。




営農情報

営農情報

JA岡山東の営農情報をご紹介しています。


ピオーネ・オーロラブラック

2017.09.01更新

ハウス栽培/トンネル栽培/若木の管理


 ハウスでは、次年度に向けた貯蔵養分の蓄積を促すように管理しましょう。
 トンネル栽培では、適期収穫による果肉軟化、晩腐病に注意しましょう。暑さと乾燥でぶどうの樹が弱っていますので適正な管理に努めてください。

ハウス栽培

次年度に向けた管理
(礼肥・基肥、葉面散布)
 収穫が終わると樹体内の水分が急激に減少し、葉色が低下し、光合成能力が落ちてしまいます。葉の維持・秋根の伸長促進・貯蔵養分の蓄積を再度認識し適正な管理を実施してください。
 まだ礼肥を施用していない方は急いで実施し、こまめなかん水を続けてください。基肥はその後9月下旬~10月中旬に行ってください。併せて窒素を主体とした葉面散布剤を9月中旬頃までに、2~3回散布するとよいでしょう。
表1 加温栽培の施肥例
(kg/10a)
表2 無加温ハウス・トンネル栽培の施肥例①
(kg/10a)
※1 樹勢が弱い場合、発芽期に硫安を施用する。
※2 葉色が薄い場合、結実期にノルチッソ(超速効性肥料)を施用する。
表3 無加温ハウス・トンネル栽培の施肥例②
(kg/10a)
※樹勢が弱い場合、発芽期に硫安を施用する。

トンネル栽培

⑴礼肥の施用

 次年度の貯蔵養分確保を念頭において実施してください。9月上~中旬頃(収穫2~3割終了時)に千代田化成550(20㎏/10a)またはヨーロッパ化成S604(20㎏/10a)を施用してください。

⑵かん水

 収穫期ではかん水を控えめにしている園地があると思いますが、乾燥すると根傷み・果肉の軟化による日持ち低下の原因になります。晴天や残暑が続く場合、収穫期でも定期的にかん水しましょう。

若木の管理

 先月までに延長枝の先端を摘心していると思いますが、その後先端から再発生した副梢は2週間毎に摘心し、今月には先端を下げて伸長を抑えるようにしましょう。先端以外の副梢は2~3枚ほどで摘心し、副々梢はかき取ります。
 枝管理が不十分で徒長させると延長枝が扁平に肥大し芽の充実が悪くなります。翌年の芽揃いの良い充実した延長枝の管理を目指してください。
(備前基幹支店 石野 将之)