メニュー
JA岡山東 メニュー
 

人と大地と地域を結ぶ、JAコミュニケーション。




営農情報

営農情報

JA岡山東の営農情報をご紹介しています。


水稲

2017.06.01更新

当面の管理


当面の管理

1.育苗

  • 稚苗(みのる式以外のばら播き方式)の場合は胚乳にまだ養分が残っている時に植えるので活着が良くなります。早めにシートを取り健全な苗づくりをしましょう。
  • 肥料が切れたときには、硫安水(水10Lに硫安20g)を、ばら播き式で1箱当たり1L、みのる式で0.5L追肥してください。ただし、葉色が薄くなり過ぎた時には倍量の硫安を溶かしてください。ただし、追肥後、肥焼けを防ぐため水を軽くかけてください。

2.本田

(1)基肥散布

  • 基肥散布の時期は、理論上は田植え直前がよいのですが、それが難しいとすれば、5日前位までなら殆んど問題ないでしょう。
(施肥例参照)

(2)代かき

  • 除草剤の効果を高めたり、水管理をしやすくするために、とにかく均平にしましょう。目標は高いところと低いところの差が8cm以内です。
  • 水の調節ができる場合は、代かきをする時の水深をひたひた程度にするのが良いです。
  • 深いと代かきはしやすいですが、均平になりにくく、草やわら等も土の中に入りにくくなります。
  • 池掛かり等で水が十分でないところでは水が多くても止むを得ません。

(3)除草剤散布上の注意

  • ダッシュワンフロアブル、サキドリEW等の初期除草剤は、田植え直後~ノビエ1葉(田植え後出来るだけ早く、遅くても5日以内)までに散布して下さい。田植え同時散布機でも散布可能です。
  • 散布はできるだけ均一に散布しましょう。
  • ジャンボ剤(袋を投げる剤)を使う場合、水草や藻類が多く出ているとき(表面の30%以上を覆っている場合)には広がらない可能性があるので次年度に回すなどして、粒剤を使ったほうが無難です。降雨後には藻類が水の中に沈むのでタイミングがあえば使うことも出来ます。
(除草剤の使用方法を参照)
施肥設計(例)(kg/10a)

例1 きぬむすめ・ヒノヒカリ(一発施肥型)

肥料名
総量
基肥
穂肥
N
P
K
土づくり資材
下表施用基準参照
エムコート567G
60
60
9.0
9.6
10.2
9.0
9.6
10.2

例2 朝日(一発施肥型)

肥料名
総量
基肥
穂肥
N
P
K
土づくり資材
下表施用基準参照
セラコートRLLL
50
50
7.5
7.5
7.5
7.5
7.5
7.5

例3 にこまる・アケボノ(一発施肥型)

肥料名
総量
基肥
穂肥
N
P
K
土づくり資材
下表施用基準参照
セラコートRLLL
60
60
9.0
9.0
9.0


9.0
9.0
9.0

例4 きぬむすめ・ヒノヒカリ(一発施肥高チッソ型)

肥料名
総量
基肥
穂肥
N
P
K
土づくり資材
下表施用基準参照
ハイエムコート502
35
35
8.8
3.5
4.2
PK-40号
20
20
4.0
4.0
8.8
7.5
8.2

例5 にこまる・アケボノ(一発施肥高チッソ型)

肥料名
総量
基肥
穂肥
N
P
K
土づくり資材
下表施用基準参照
ハイエムコート500
35
35
8.8
3.5
3.5
PK-40号
20
20
4.0
4.0
8.8
7.5
7.5

例6 きぬむすめ・ヒノヒカリ・にこまる・アケボノ(二発施肥型)

肥料名
総量
基肥
穂肥
N
P
K
土づくり資材
下表施用基準参照
グッドIB582
60
35
25
9.0
4.8
7.2
PK-40号
20
20
4.0
4.0
9.0
8.8
11.2

例7 朝日(二発施肥型)

肥料名
総量
基肥
穂肥
N
P
K
土づくり資材
下表施用基準参照
グッドIB582
50
35
15
7.5
4.0
6.0
PK-40号
20
20
4.0
4.0
7.5
8.0
10.0

例8 きぬむすめ・ヒノヒカリ・にこまる・アケボノ(分施型)

肥料名
総量
基肥
分けつ肥
穂肥1
穂肥2
N
P
K
土づくり資材
下表施用基準参照
晴れの国おかやま444
70
25
15
15
15
9.8
9.8
9.8
9.8
9.8
9.8
施肥設計(例)(kg/10a)

当面の管理について、よくある質問を挙げてみます。

1.育苗の後半

Q 箱の中に数本だけ色が薄くて長い苗が出たが、心配ないか?
A それは多分ばか苗病だと思います。この病原菌は、種籾に付着しています。病気に犯された種籾は実入りがよくないので塩水選でかなり取り除くことが出来ますから、基本的には塩水選を厳重にやっておくことです。さらに、薬の濃度・時間などを厳守して種子消毒をしてください。もし、育苗中に出た場合、僅かならそのまま植えても必ず出るとは限りませんが、多く出た場合は、本田でも多く出て収量・品質が悪くなります。苗が足りなければ薄く植えるのも一つの方法です。
Q ジョロで水をやる場合、どんな方法でやればよいか?
A 原則的には、朝やるようにしてください。また、曇っている日には土に充分湿りがあればやらない方がよいです。
Q 苗の色が薄くなったが、どうすればよいか?
A 肥料が切れた場合は、追肥をして下さい。液肥200倍(または水10Lに硫安20gを溶いたもの)を1箱当たり1Lかん注してください。(みのる式では0.5Lとします)
 色が落ち過ぎてからでは生育がなかなかもどらないので早めにしてください。
Q 苗は短い方(草丈12~13㎝)が良いように言われますが、それでは沈んでしまうのでいけないと思うがどうか。
A 苗は少しでも葉が水の上に出ていると、枯れることに対して強くなります。普通の田んぼでは、何日も浸かったままでいる田んぼはほとんどありません。ですから、それ以上に苗が徒長して活着が悪くなったり、それによって分げつが遅れたりすることの方がマイナスが大きいです。
 それと、代かきを均平にしておくことが大切です。  
Q 苗の老化とはどういうことですか?
A 苗は、は種量に応じた葉の枚数(例えば、200g播きでは2.5葉位)になると生育が止まります。また、苗が徒長すると光が一本一本の苗に当たらないため、生育停滞が一層早くなります。
Q 昨年根張りが悪く苗がばらけて田植え機にうまく乗らず困ったがなぜか?
A 潅水量が多過ぎると「水ぐせ苗」となって根が少なくなり、マットが出来にくくなります。また、気温が低い場合は、根の発育が不良となります。水やりは原則として午前中に1回とします。

2.田植え

Q 植えるときにマーカーをよく見て植えるが、どうしても条が曲がるが、どうすればよいか?
A 出来るだけ遠くの目標を見つめて進みます。そして運転中は出来るだけハンドルを動かさないことです。畦やマーカーの跡など近くの目印を見て運転するほど曲がりやすくなります。
Q 田植え後の植え継ぎ(補植)は面倒ですが、しなくてはいけないか。
A 2株や、3株欠けていても周りの株がその分大きくなりますので収量が下がることはありません。
 田んぼの端から見て条に見えれば田んぼの中に入る必要はありません。
(山陽基幹支店 大崎 裕規)