メニュー
JA岡山東 メニュー
 

人と大地と地域を結ぶ、JAコミュニケーション。




営農情報

営農情報

JA岡山東の営農情報をご紹介しています。


野菜

2016.08.01更新

8月の野菜管理


 8月になっても、まだまだ暑い日が続きます・・・。皆さん、健康に気を付けて、無理をしないように農作業に励みましょう。
 8月に種まきする野菜はダイコンやニンジンなどよく見かけるものが多いです。

1.8月に種まきする野菜

(1)葉、茎を食べる野菜

  • ブロッコリー
  • チンゲンサイ
  • キャベツ
  • コスレタス

(2)根を食べる野菜

  • ジャガイモ
  • ダイコン
  • ニンジン
  • ゴボウ

2.暑い時期の種まきのポイント

 暑い時期は種をまいても芽が出ないことが多々あります。原因はやはり気温ですので、その対策をまとめてみました。
  1. 水分管理が簡単なセルトレイへ種をまく。
    ※暑いからといって、水をやりすぎると種が酸欠になったり、高温で煮えてしまったりということがありますので水分管理に気を付けてください。
  2. 水やりは朝に1回、夕方に1回する。
    ※2の方法でもすごく乾くようなら、間で水やりをしてください。
  3. 遮光ネットをかけて直射日光を避ける。
    ※直射日光が当たると、土がすぐ乾き、水をやっても水が沸いてお湯になるなど弊害がいろいろ出てきます。

3.8月種まき野菜のおすすめ

 1.で紹介した「コスレタス」がおすすめです。コスレタスは白菜のように縦に伸びて結球するレタスで「ロメインレタス」とも言います。普通のレタスと違い、熱に耐性があるので、サラダだけでなくおひたしや炒め物に使ってもおいしいので、ぜひ作ってみてください。
 栽培の注意点として、コスレタスはもともと高冷地の野菜なので栽培時の高温は嫌います。種まきは8月末頃になってから行ってください。
(山陽基幹支店 古村 直也)