メニュー
JA岡山東 メニュー
 

人と大地と地域を結ぶ、JAコミュニケーション。




営農情報

営農情報

JA岡山東の営農情報をご紹介しています。


野菜

2017.02.01更新

2月の野菜管理


 2月はまだまだ寒い時期ですが、ジャガイモの植え付けやタマネギの防除などの作業があります。

1.ジャガイモの植え付け

(1)圃場の準備
 ジャガイモはナス科なので連作を嫌います。同じ場所には2~3年の間、植えないようにしましょう。ナスやトマトを植えていた場所もダメです。
 2月上旬に肥料を畑全面にまき、その後、耕耘機などでしっかり耕しましょう。
肥 料:園芸有機A801号
施肥量:1a(約30坪)当たり20kg
 また、生育の後半は梅雨時期と重なるため、排水対策をしっかり行っておきましょう。
(2)種芋の準備
 2月中旬に準備します。
 種芋は半分に切って使うので、使う数量を把握してから購入するようにしましょう。
 また、そうか病などの発生は種芋消毒をすることで軽減できます。
農 薬:アグレプト液剤
倍 率:60~100倍
方 法:植え付け前に60~100倍で希釈した薬液に5~10秒浸漬する。
(3)植え付け
 2月下旬~3月上旬頃に植え付けましょう。
 深さ10cm程度の溝を掘り、そこへ種芋の切り口を下にして植えましょう。

2.タマネギのべと病防除

 葉っぱが黄色になっているものはべと病の可能性があるので、抜いて畑の外へ持ち出しましょう。その後農薬で防除しましょう。
農  薬:アミスター20フロアブル
倍  率:2000倍
時  期:収穫前日まで使用可能
ポイント:タマネギ全体にしっかり薬液が掛かるように裏からも徹底して散布しましょう。
※農薬使用については農薬の袋やラベルに書いてある「倍率」や「使用時期」など確認して正しく使いましょう。
(山陽基幹支店 古村 直也)