メニュー
JA岡山東 メニュー
 

人と大地と地域を結ぶ、JAコミュニケーション。




営農情報

営農情報

JA岡山東の営農情報をご紹介しています。


野菜

2017.07.01更新

7月の野菜管理


 7月になると夏野菜の収穫時期となります。暑くて大変ですが、適期に収穫しておいしく食べましょう!

1.夏野菜の収穫

 ナス、トマト、キュウリなどの収穫が始まっていると思いますが、収穫が遅れると作物に負担がかかり弱っていきますので遅れないように収穫しましょう!
 収穫のペースですが、最低でも3日に1回は収穫するようにしましょう。

2.草とり

 この時期になると野菜だけではなく、草もぐんぐん成長します。こまめに畑に通って収穫作業とあわせて雑草処理もしていくようにしましょう。

3.水管理

 乾燥が続くようなら、定期的にかん水をするようにしてください。逆に雨が多く降るようなら排水対策に努めてください。品目によっては実が裂果することもあるので注意しましょう。

4.畑が空いている場合

 畑が空いているところでは、葉菜類を作るのがおすすめです。コマツナやミズナは種を播いて約30日ぐらいで収穫できるのでぜひ作ってみてください。
  • おすすめ品種
コマツナ:「菜々美」「楽天」
ミズナ:「サラダ京水菜」

5.8月に向けて

 8月はインゲンやスナックエンドウなどのマメ類の種まきができるようになります。マメ類は肥料が多くいるため、種まきに向けて土づくりなどの準備をしっかりやっておきましょう。

6.病害虫防除

 気温が高いと、虫も病気も活動が活発になるので予防的に防除ができるようにしていきましょう。
※農薬使用については農薬の袋やラベルに書いてある「倍率」や「使用時期」など確認して正しく使うようにしてください。
(山陽基幹支店 古村 直也)