メニュー
JA岡山東 メニュー
 

人と大地と地域を結ぶ、JAコミュニケーション。




管内のニュース
管内のニュース

JA岡山東の管内のニュースをご紹介しています。


2017.04.01
更新

赤坂日本酒輸出視野に

赤坂特産雄町米研究会総会

 酒造好適米「雄町」を生産する赤坂特産雄町米研究会は2月28日、赤坂支店で総会を開きました。会員やJA、行政関係者らが出席し、28年度事業報告・会計報告を踏まえ、29年度の事業計画・収支予算を決定しました。蔵元への訪問や販売促進活動、栽培講習会などを開き、「雄町」の生産振興を目指します。28年度の栽培優秀者表彰では、4人に賞状と記念品を贈りました。
 同会では26戸が、約116㌶で「雄町」を栽培し、作付面積は年々拡大。うち7戸が昨年3月にGAPの国際的基準「グローバルGAP」を取得しており、今後の「雄町」を使った日本酒の輸出拡大につなげます。28年産の出荷実績は1万7253袋(1袋30㌔)のうち、グローバルGAP認証を受けたのは4981袋でした。なお、取得にはJA共済連岡山の地域貢献活動を活用しています。
 研修会では、名古屋市の酒造メーカー、㈱萬乗醸造の久野九平治代表取締役社長が講演。安価な酒から高級酒造りに転換したきっかけやフランスでの営業活動、米の自社栽培など、日本酒の価値を上げる取り組みについて話しました。
 栽培優秀者表彰の受賞者は次の皆さんです。(敬称略)
 ▽JA岡山東組合長賞=多田晴美(赤磐市小原)▽赤坂特産雄町米研究会長賞=松岡潔士(赤磐市小原)、塩見繁正(赤磐市町苅田)、逢坂登(赤磐市由津里)