メニュー
JA岡山東 メニュー
 

人と大地と地域を結ぶ、JAコミュニケーション。




管内のニュース
管内のニュース

JA岡山東の管内のニュースをご紹介しています。


2017.07.01
更新

岡山東盆前出荷で有利販売

「オーロラブラック」研修会

 県やJAなどでつくる「東備地域くだもの王国推進隊」は6月1日、次世代ブドウ「オーロラブラック」の栽培技術研修会を赤磐市日古木で開きました。JA岡山東、JA岡山の両管内の生産者と県・JA関係者ら63人が参加。需要の多い盆前の8月上旬出荷で有利販売を狙った展示圃を視察し、成果を共有しました。
 行本健一さんの展示圃(7㌃)の実証は今年で3年目。「発芽促進処理」「着果管理」「植物成長調整剤の満開期1回処理」3つの技術を組み合わせた栽培管理で、着色の安定と品質の向上を目指すとともに、需要の多い盆前の8月上旬出荷で有利販売を狙います。昨年は収穫を8月1日から始め、8月12日に終えることができました。
 「オーロラブラック」は「ピオーネ」より着色しやすく、脱粒しにくいのが長所で、着色の優れない「ピオーネ」や単価の伸び悩んでいる品種からの転換を進めています。一方で「ピオーネ」と比べて樹勢が弱く、種子が入りやすいなどの特徴に応じた栽培管理が必要となります。
 JA岡山東管内では「オーロラブラック」を4・9㌶で栽培しています。