メニュー
JA岡山東 メニュー
 

人と大地と地域を結ぶ、JAコミュニケーション。




営農情報

営農情報

JA岡山東の営農情報をご紹介しています。


営農カワラ版

2018.10.01更新

平成30年 秋の農作業安全運動強化期間


 全国では毎年約350名の方が、岡山県内ではそのうち約10名の方が、農作業事故により尊い命を失っています。
 秋の農繁期も安全第一を心掛けましょう。

☆コンバインでの農作業!気を付けよう!
収穫の秋を迎え、コンバインでの作業が増える時期です。コンバインの事故で最も多いのが、転落・転倒事故です。特に、後進時に注意です。
コンバインは、トラクター以上に運転席から見えない死角が多い!
○畦畔や路面の凸凹等による転落・転倒事故に十分注意しましょう。
○補助作業者は、コンバインの死角での作業に十分注意しましょう。
 進行方向の安全を十分に確認し無理のない運転をしましょう。
☆水路等への転落事故
●水路等の見回りは注意を!
 例:大雨や強風時、増水した水路など
→危険な時、場所には近づかない
大雨や強風の中、ほ場を見回りに行くのは大変キケンです。
ほ場の見回りは大雨・強風がおさまってからにしましょう!
携帯電話を持ち歩こう!

例え自宅近くでの作業でも(敷地内の納屋でも)、万が一の事故に備えて、家を出るときは携帯電話を必ず持ち歩くようにしましょう。

☆農作業中の
熱中症事故が多発!
 注意して! 熱中症!

~熱中症は適切な予防をすれば防ぐことができます~
熱中症を正しく理解し、予防に努めましょう。

岡山県農業機械作業安全運動推進協議会