メニュー
JA岡山東 メニュー
 

人と大地と地域を結ぶ、JAコミュニケーション。




営農情報

営農情報

JA岡山東の営農情報をご紹介しています。


2018.12.01更新

せん定/苗木の定植/病害虫防除


1.せん定

 日当たりの良い樹園地を目指し、せん定後の樹冠先端部の間隔は1m以上の確保を目標にします。その間隔確保が見込めない園地では、まず縮伐・間伐を行った後に個々の樹のせん定作業に入ります。(図1)

図1 樹園地の日当たり改善

(1)せん定時期
 12月中旬頃から始めて2月下旬頃には済ませます。ただし超弱せん定は、後の摘蕾作業に必要な時間を見越して、12月に入ったら取り掛かることも考えられます。
 胴枯れ症(凍害)の心配される若木や充実の悪い徒長的な樹などはこの期間内で、せん定時期をできるだけ遅らせます。
(2)せん定作業の流れ
 失敗を少なくする作業の流れの一例を紹介しますので、不安な方は参考にしてください。
  • ①最初に主枝・亜主枝の骨格を決めて目印を付けます。(図2)

図2 モモの主枝、亜主枝の骨格

  • ②次に骨格枝を邪魔する亜主枝候補枝・不要な側枝などの大枝を切除します。
  • ③続いて長大な徒長枝を切除します。
  • ④そして、側枝上の枝の間引きや側枝の切り戻しを行います。(図3)

図3 側枝のせん定(県指針より)

  • ⑤その後に、結果枝の間引きを行います。
  • ⑥仕上げに保護剤を塗布します。
 ①の段階では、テープナー用テープなどを目印に使います。②の作業はノコギリで行います。③、④はノコギリとハサミの両方を使います。⑤はハサミの作業です。⑥で、太い枝の切り口に癒合促進剤のトップジンMペーストなどを塗布して作業終了です。
(3)せん定程度
 今年の生育は、いつもの年より徒長枝の発生が少なく樹勢は落ち着き、やや弱り気味の樹が目立ちます。このような樹のせん定は、側枝の切り戻しを主体にしてやや強めのせん定を行います。反面、勢いの強い樹・若木は、間引きを主体に小枝を多く残す弱めのせん定にします。(図3)
 品種では、白鳳・千種白鳳・おかやま夢白桃は強めに、清水白桃・白麗などは弱めに行います。

2.苗木の定植

 年内の植え付けは11月中旬~12月に、春植えは苗木の根が乾かないように仮植しておいて3月上~中旬に植え付けます。
 植え床つくり、植え付けの仕方は先月号の本欄を参照ください。

3.病害虫防除

 カイガラムシの発生園には、今月中に機械油乳剤95を散布しましょう。ウメシロ、クワシロ、ナシマル(クロ)を同時に退治できます。